ラテン語格言

Memento mori.

「メメントー・モリー」と発音します。
「覚えている」を意味する動詞 meminī(メミニー)の命令法が mementō で、「覚えていなさい」。
morīは、形式受動態動詞 morior,morī(死ぬ)の不定法・現在です。
「(自分が)死ぬことを覚えていなさい。」という意味です。

<補足>
人の死を忘れてはならない、という意味ではなく、自分がいつか死ぬ身である、ということを胸に刻め、という意味で用いられます。『ギリシア・ローマ名言集』(柳沼 重剛著、岩波文庫)によれば、「汝みずからを知れ」(ギリシア語で「グノーティ・サウトン」、ラテン語で cognosce tē ipsum.)の意味するところは、「汝は不死なる神ではなく、死すべき人間であることを自覚せよ、ということ」と解釈しておられます(56ページ以下) 。

この本は手に取ると薄いですが、解説がウィットに富んでいて、ラテン語を知らなくても楽しめます。

ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫)
柳沼 重剛

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5