ラテン語格言

Mors certa, hora incerta.

2021年3月4日

「モルス・ケルタ・ホーラ・インケルタ」と読みます。
morsは「死」を意味する第3変化名詞 mors,mortis f.の単数・主格です。
certaは「確かな」を意味する第1・第2変化形容詞 certus,-a,-umの女性・単数・主格です。
hōraは「時」を意味する第1変化名詞 hōra,-ae f.の単数・主格です。
incertaは「不確かな」を意味する第1・第2変化形容詞 incertus,-a,-umの女性・単数・主格です。
morsもhōraも女性名詞・単数・主格なので、対応する形容詞も女性・単数・主格となり、性・数・格が一致しています。
直訳は、「死は確か、時は不確か」です。
動詞として est(不規則動詞sumの直説法・現在、3人称単数)が省かれています。
Mors certa est.で「死は確かである」となります。
hōra incerta est.は「時は不確かである」となります。
hōraの次にmorsの単数・属格 mortisを補うと、hōra mortis incerta est.(死の時は不確かである)となり、意味が通ります。
我々が死ぬことは確かである。だが、いつ死ぬかはだれにもわからない、という意味でしょう。
墓碑銘に刻まれる言葉です。
省略されたmortis を補う力が試されます。
短く簡単に見えるのですが、ラテン語は、こういう表現が多くててこずります。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5