ラテン語格言

Non est ad astra mollis e terris via.

2012年12月24日

「ノーン・エスト・アド・アストラ・モッリス・エー・テッリース・ウィア」と読みます。
Nōnは「~でない」を意味する副詞でestを否定します。
estは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称単数です。
adは「<対格>に、までの」を意味する前置詞です。
astra は「星」を意味する第2変化名詞 astrum,-ī n. の複数・対格です。
astrum は複数形で「天、栄光」を意味します。
mollis は第3変化形容詞mollie,-e「柔らかい、平穏な」の女性・単数・主格で文の補語です。
terrīs は「土地」を意味する第1変化名詞 terra,-ae f. の複数・奪格です。
ē は「<奪格>から」を意味する前置詞で、terrīs とともに「大地(terrīs)から(ē)」と訳せます。
via は「道」を意味する第1変化名詞via,-ae f.の単数・主格で、この文の主語になっています。
「大地から天までの道は平穏ではない。」という意味です。
セネカの『狂えるヘルクレス』(437)に見られる表現です。

Latin Proverbs: Wisdom from Ancient to Modern Times
Waldo E. Sweet
0865165440

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5