ラテン語格言

Urbem marmoream relinquo, quam latericiam accepi.

「ウルベム・マルモレアム・レリンクォー・クァム・ラテリーキアム・アッケーピー」と読みます。
urbem は「都市、都」を意味する第三変化女性名詞 urbs の単数対格です。
marmoream は「大理石の」を意味する第一・第二変化形容詞 marmoreus, -a, -um の女性・単数・対格です。
relinquo は「残す」を意味する第三変化動詞、直接法・能動相・現在です(このままの形で辞書に載っています)。
quam は関係代名詞 qui, quae, quod の女性・単数・対格です。先行詞は urbem です。
latericiam は「レンガ造りの」を意味する第一・第二変化形容詞 latericius, -a, -um の女性・単数・対格です。
accepi は「受け取る」を意味する第三変化動詞 accipio の直接法・能動相・完了、一人称単数です。
「私はレンガ造りの都として受け取った都(ローマ)を大理石ででてきた都として残す」と訳せます。
スエートーニウスがアウグストゥスの言葉として紹介しています。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5