ラテン語格言

Amat bonus otia Daphnis.

「アマト・ボヌス・オーティア・ダプニス」と読みます。
amat は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
bonus は「立派な、善い」を意味する第1・第2変化形容詞 bonus,-a,-um の男性・単数・主格です。Daphnis にかかります。
ōtia は「暇」を意味する第2変化名詞 ōtium,-ī n.の複数・対格です。
Daphnis はウェルギリウスの描く牧歌的世界に出てくる英雄です。Daphnis,-idis m.の単数・主格です。
「立派なダプニスは閑暇を愛している」と訳せます。
ウェルギリウス、『牧歌』に出てくる表現です(Ecl.5.61)。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス
京都大学学術出版会

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5