ラテン語格言

Gloria virtutem tamquam umbra sequitur.

「グローリア・ウィルトゥーテム・タムクウァム・ウンブラ・セクィトゥル」と読みます。
glōriaは、glōria,-ae f.(栄光)の単数・主格で、この文の主語です。
virtūtem は「美徳」を意味する第3変化名詞 virtūs,-ūtis f. の単数・対格です。
tamquam は「~のように」と訳すことのできる副詞です。この文では、「umbra のように」となります。
umbra とは「影」を意味する第1変化名詞umbra,-ae f.の単数・主格です。
sequitur は「後を追う」という意味の形式受動態動詞sequor,-quīの直説法・現在、3人称単数です。目的語は virtūtem となります。
「栄光は影のように美徳に従う」と訳せます。
美徳をわがものとするとき、栄光は自ずとついてくる、という意味ですが、逆にいえば、美徳をおろそかにしたまま栄光を追求することは、実体のない影を追いかけるようなものだといえるでしょう。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5