ラテン語格言

Amor, ut lacrima, ab oculo oritur, in pectus cadit.

「アモル・ウト・ラクリマ・アブ・オクロー・オリートゥル・イン・ペクトゥス・カディト」と発音します。
amor は「愛」を意味する第3変化名詞 amor,-ōris m.の男性・単数・主格です。
lacrima は「涙」を意味する第1変化名詞 lacrima,-ae f.の単数・主格です。  
ut は「~のように」を意味します。ut lacrimaで「涙のように」。 
oculō は、「目」を意味する第2変化名詞 oculus,-ī m.の単数・奪格です。この奪格は前置詞 ab とあわせ「目から」と訳せます。
orītur は、「生じる、起きる」を意味する形式受動態動詞orior,-īrī の直説法・現在、3人称単数です。
pectus は「胸」を意味する第3変化名詞 pectus,-oris n. の単数・対格です。対格になるのは、対格を支配する in とともに用いられるためです。in pectusで「胸の中へ」と訳せます。
cadit は、「落ちる」を意味する第3変化動詞 cadō,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。   
「愛は涙のように、目から生まれて胸へと落ちる」となります。   
プーブリリウス・シュルスの言葉です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5