ラテン語格言

Quot homines, tot sententiae.

「クゥォト・ホミネース・トト・センテンティアエ」と読みます。
quot A tot B で「A の数だけ多くの、それだけ多くのB」という意味になります。
quotは不変化関係詞で「~だけ多くの」を意味します。
totは不変化形容詞で「それだけ多くの」を意味します。
homines は「人間」を意味する第3変化名詞 homo,hominis c. の複数・主格です。
sententiae は「意見」を意味する第1変化名詞 sententia,-ae f. の複数・主格です。
「人間の数だけ、それだけ多くの意見がある」という意味です。「人の数だけ意見あり」と訳せます。
出典はテレンティウスの『ポルミオ』です。
キケローにも引用例が見られます(『善と悪の究極について』1.5.15)。

関連図書:

ローマ喜劇集〈5〉 (西洋古典叢書)
テレンティウス 木村 健治
4876981396

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5