ラテン語格言

Homines dum docent discunt.

「ホミネース・ドゥム・ドケント・ディスクント」と読みます。
hominēsは「人間」を意味する第3変化名詞homō,-minis c. の複数・主格で、この文の主語です。c.は「男性名詞としても女性名詞としてもつかわれる」と言う意味です。
dum は接続詞で「~する間」を意味します。
docent は「教える」を意味する第2変化動詞 doceō,-ēre の直説法・能動態・現在、3人称複数です。
discunt は「学ぶ」を意味する第3変化動詞 discō,-ereの直説法・能動態・現在、3人称複数です。
どちらの動詞も主語は hominēsです。
「人間は教える間、学んでいる」と訳せます。
セネカの『倫理書簡集』(Ep.7.8)に見られる言葉です。
別の類似表現として、Docendō discimus.(私たちは教えることによって学ぶ)もあります。このdocendōはdoceōの動名詞、奪格です。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5