ラテン語格言

Spectatum veniunt, veniunt spectentur ut ipsae.

「スペクタートゥム・ウェニウント・ウェニウント・スペクテントゥル・ウト・イプサエ」と読みます。
spectatumは「見る」を意味する第1変化動詞spectoの目的分詞(スピーヌム)です(spectoの完了分詞、中性・単数・対格)。
「見るために」という意味を表します。
veniuntは「来る」を意味する第4変化動詞venioの直説法・能動態・現在、3人称複数です。
spectenturはspectoの接続法・受動態・現在、3人称複数です。
utは目的を表す従属文を導く接続詞です。
ipsaeは動詞veniuntとspectenturに対する主語に当たる強意代名詞で、ipseの女性・複数・主格です。「彼女たち自身は」と訳せます。
「彼女たち自身は(芝居を)見るために来る。(そして)自分たち自身が見られるために来る」と訳せます。
女性が着飾って芝居を見に来るのは、芝居以外に目的があるということを暗示する詩句です。
オウィディウスの『恋の技術』(Ars amatoria 1.99)に見られる表現です。

恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)
オウィディウス Ovidius
4003212037

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5