エッセイ

Fides facit fidem. 信頼が信頼を生む

2010年7月27日

ラテン語の語順は自由なので、Fides fidem facit. としても同じ意味になります。

主語は Fides 、fidem が目的語、facit が動詞です。いわゆるSVOの構文になっています。

同じ構文の格言として、Amor gignit amorem. (愛が愛を生む)という表現もあります。

誰もが他人から信頼されたい、愛されたい、と願います。

何もせずにじっと待つのではなく、自分から相手を信頼し、愛することが大切だ、とこれらのラテン語は教えています。

そのものずばりのラテン語に、Si vis amari, ama. (愛されたいなら愛しなさい)というのがあります。
Vis amari? Ama. (愛されたいか?では愛せ)という変形バージョンもあります。

ama (アマー)とは、「(私は)愛する」という意味の動詞 amo (アモー)の命令法(能動態・現在、2人称単数)です。

-エッセイ
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5