ラテン語格言

Si fractus illabatur orbis, impavidum ferient ruinae.

「シー・フラクトゥス・イッラーバートゥル・オルビス・インパウィドゥム・フェリエント・ルイーナエ」と読みます。
Sī は「もしも」を意味する接続詞です。
fractus はfrangō,-ere(粉砕する)の完了分詞、男性・単数・主格です。orbisにかかります。
illābātur は形式受動態動詞illābor,-bī(落ちてくる)の接続法・現在、3人称単数。
orbisは orbis,-is m.(球、天)の単数・主格です。
impavidum は第1・第2変化形容詞impavidus,-a,-um(恐れを知らない)の男性・単数・対格です。「恐れを知らぬ者を」を意味します。
ferient はferiō,-īre(打ちのめす)の直説法・能動態・未来、3人称複数です。
ruīnaeはruīna,-ae f.(破片)の複数・主格。主文の主語です。
「もし天が粉砕されて落ちてきたら、その破片が恐れを知らぬ者を打ちのめすだろう」と訳せます。
ホラーティウスの表現です(Hor.Carm.3.3.7-8)。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5