エッセイ ラテン語格言

De fumo ad flammam. 煙から炎へ

ad flammam (炎へ)の部分は in flammam の形もあります。ad も in も方向を示す前置詞で、全体の意味は同じです。

「火のないところ煙なし」という言葉がありますが、この表現はちょうど逆で、「煙があればすぐ炎が襲う」ということ述べています。その場合、小さな兆候を見逃さず、それによって大きな危険を回避せよ、という警告と受け取れます。

<文法の説明>
dēは「~から」を意味する「奪格」支配の前置詞。
fumōはfumus,-ī m.(煙)の単数・奪格。
adは「~へ」を意味する「対格」支配の前置詞。
flammamはflamma,-ae f.(炎)の単数・対格。

次のプラウトゥスの表現にも「煙」と「炎」を使ったことわざが出てきます。flamma fumo est proxima(炎は煙に近い)の部分がそれです(マクロン省略)。

semper tu scito, flamma fumo est proxima,
fumo comburi nihil potest, flamma potest.
つねに忘れないでくださいよ。煙が出れば、すぐあとに炎です。
煙では何も燃えませんが、炎は焼き尽くすのです。(『クルクリオ』53、小川正廣訳)

「煙が出れば、すぐあとに炎」(flamma fumo est proxima)について、柳沼重剛氏はこれを「煙の立つ所には必ずたちまち炎が出る。ちょっとした煙でも立てば、大きな火が燃えることになるということわざで、危険を取り除くのに時を失うなという教訓の由」と解釈されています。「時宜を得た行動が大切」というメッセージはラテン語の格言に多いのですが、これもその一つといえるでしょう。

-エッセイ, ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5