ラテン語格言

Natura duce numquam aberrabimus.

「ナートゥーラー・ドゥケ・ヌンクァム・アベッラービムス」と発音します。
最初のnaturaは「ナートゥーラー」と読みます(ナートゥーラでなく語尾は長い)。第1変化名詞 natura,-ae f.の単数・奪格です(主格ではないので、語末のaを伸ばします)。
duce は「指導者」を意味する第3変化名詞 dux,ducis c. の単数・奪格です。
natura, duce と奪格が2つ並んでいます。「絶対的奪格」と呼ばれる用法です。
「natura イコール duce の関係を伴うとき」、すなわち、「自然を指導者とするなら」、「自然に従えば」の意味になります。
numquam(ヌンクァム)は「決して・・・ない」という意味を表す副詞です。
aberrabimus は、「誤る」を意味する第1変化動詞 aberro,-are の直説法・能動態・未来、1人称複数です。
「自然を導き手とすれば、我々は決して誤ることはないだろう。」という意味になります。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5