ラテン語格言

Age quod agis.

「アゲ・クゥォド・アギス」と読みます。
age は「行う」を意味する第3変化動詞 agō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
quod は関係代名詞quī,quae,quod の中性・単数・対格で、先行詞 id (単数・対格)は省略されています。
agis は agō,-ere(行う) の直説法・能動態・現在、2人称単数です。
(id) quod agis で「あなたが行っていることを」となります。
quod agis は名詞節として age の目的語に相当します。
全体で、「あなたは、あなたの行っていることをせよ」となります。「(あなたは)やるべきことをなせ」とも「一意専心」と意訳してもよいでしょう。
「自分の本分を全うせよ」(ラテン語だと Age officium tuum.) という意味で使われる表現です。

<余談>
好きなことをとことんやる。そこから何か新しい道が開けます。好きなこととの出会い、自分の生きる道との遭遇。日本語ではこういったこともすべて含めてご縁と呼びます。表題のラテン語は、授かったご縁を大事にして目の前のこと一つ一つに全力を尽くせ、という意味で解釈したいと思います。

できることをする。ただそれだけのことのようですが、「できる」と言えるためには無数の条件が満たされねばなりません。失って初めて気付かされる条件の一つ一つ。「できる」の意味を考えれば、自分は何に全力を尽くすべきか、心の深いところで自問自答が繰り返されるでしょう。答えは容易に出ません。であれば、自分がこれは面白い!と思えるものを手がかりにして、そこから進んでいけばよいのではないでしょうか。

この言葉をサブタイトルとし、「本当の勉強」と題するエッセイを書きました(やまびこ通信の巻頭文です)。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5