ラテン語格言

Stabat mater dolorosa.

2012年9月4日

「スターバト・マーテル・ドローローサ」と読みます。
stābatは「立つ」を意味する第1変化動詞stō,-āre の直説法・能動態・未完了過去、3人称単数です。
māterは「母」を意味する第3変化名詞 māter,-tris f.の単数・主格です。
dolōrōsa は「痛ましい、悲しみに満ちた」を意味する第1・第2変化形容詞dolōrōsus,-a,-um の女性・単数・主格です。maāterと性・数・格が一致します。
dolōrōsaをmāterにかけて訳す(=属性的用法とみなして訳す)と、「悲しげな母が立っていた」となります。
一方、副詞的に訳すと、「一人の母親が悲しげに立ちすくんでいた」となります。
カトリック教会の聖歌の歌詞の一部です。
materはイエスの母マリアを指します。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5