ラテン語格言

Amat victoria curam.

2018年10月8日

「アマト・ウィクトーリア・クーラム」と読みます。
amat は「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
victōria は「勝利」を意味する第1変化名詞 victōria,-ae f.の単数・主格です。
cūram は「世話、準備、配慮」を意味する第1変化名詞 cūra,-ae f. の単数・対格です。
語順がVSOの順になっているので面食らうかもしれません。Victōria amat cūram.ならずいぶんわかりやすくなるでしょう。
ラテン語は語順が自由なので、文頭に動詞が来ることは珍しいことではありません。
「勝利は準備を愛する」と訳せます。
「入念な準備が勝利を導く」という趣旨の言葉です。
「念には念を入れよ」という趣旨の言葉として、Cave paratus.があります。

<追記>
victōriaは「勝利」を意味する一般名詞ですが、Victōriaと表記すると、「勝利の女神」となります。同じく勝利を意味するギリシア語は「ニケ―」(Nike)です。「ナイキ」のラテン語はvictōriaです。これは女性名詞なので「女神」となります。ヴィクトリア女王は「勝利の女王」ということでしょうか。少なくともラテン語の文法に照らすと「ヴィクトリア王」は存在しません。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5