エッセイ

no image

エッセイ

髭は哲学者をつくらない

一見ユーモラスな表現ですが、いわんとすることは鋭いです。見かけ倒しを戒める警句です。「わたしは髭とマントを見るが哲学者は目にしない」(Video barbam et pallium, philosop ...

no image

エッセイ

Nemo in amore videt. 恋は盲目

2011/6/17    , ,

表題のラテン語を文字通り訳せば「誰も恋において(ものを)見ていない」となります。「恋は盲目」は英語で Love is blind. と言いますが、ラテン語では Amor caecus est. と言い ...

no image

エッセイ

Otia dant vitia 暇は悪徳を生む

otia (暇、オーティア)と vitia(悪徳、ウィティア)は発音すると語尾が揃っていて印象に残ります。otia は複数形ですが、単数は otium です。表題の格言は、Otium omnia vi ...

no image

エッセイ

Post nubila Phoebus. 雨のち晴れ

2011/6/13    , , ,

文頭のpost はラテン語の前置詞で、英語の after に相当します。ラテン語で post A と表現すると、「Aのあとで」という意味になります。手紙の末尾の略号 P.S. は「追伸」の意味をもちま ...

no image

エッセイ

旅を見守る言葉:Pax intrantibus, salus exeuntibus.

Pax intrantibus, salus exeuntibus. 訪れる者に安らぎを、去りゆく者に安全を この言葉は、ドイツのローテンブルクという街にあるシュピタール門に刻まれているラテン語として ...

no image

エッセイ

Memento mori のモチーフ

この言葉を発音すると「メメントー・モリー」となります。日本ではこのカタカナ表記でもよく知られている言葉です。memento が「覚えておくように」という意味の命令形で、その内容が不定法の mori ( ...

エッセイ

Mors certa, hora incerta. 死は確実、時は不確実

2011/6/8    ,

Mors certa, hora incerta.は文の構造自体は簡単ですが、ラテン語の練習問題に出てくると訳せそうで訳せません。まず、動詞がありません。英語の is にあたる est が省略されてい ...

エッセイ 西洋古典

愛はすべてに勝つ:ウェルギリウス『牧歌』

Omnia vincit Amor. 愛はすべてに勝つ これは、ウェルギリウスの詩に出てくる言葉です。原文では Amor が大文字で書かれています。その英訳は Love conquers all. と ...

エッセイ

Curatio vulneris:傷の治療

Curatio vulneris gravior vulnere saepe fuit. 傷の治療は、しばしば傷そのものより大きな痛みを伴う。 虫歯は放っておけないし、その治療も痛みが伴うし。国にせよ ...

エッセイ 西洋古典

哲学とは精神を耕すこと:キケロー

2011/6/4    , , ,

Cultura animi philosophia est. 哲学とは精神を耕すこと キケローの『トゥスクルム荘対談集』2.13 に見られる言葉です。 文頭の Cultura は英語の culture ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5