ラテン語格言

Sapiens nihil opinatur, numquam irascitur.

「サピエーンス・ニヒル・オピーナートゥル・ヌンクゥァム・イーラスキトゥル」と読みます。
Sapiens は「賢い」を意味する第三変化形容詞ですが、ここでは「賢者」という意味の名詞として使われています。形は、男性・単数・主格です。
nihil は「無」を意味する代名詞的形容詞で、中性・単数・対格です。
opinatur は「推測する、判断する」の意味を持つ形式受動態動詞です。ここでは、現在・三人称・単数の形をしています。
numquam は英語の never に当たる副詞で、「決して~ない」と訳します。
irascitur は、「怒る」を意味する形式受動態動詞です。現在・三人称・単数です。
「賢者は何も憶測せず、けっして怒ることはない」となります。   
キケローの言葉です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5