ラテン語格言

Per aspera ad astra.

2017年1月29日

「ペル・アスペラ・アド・アストラ」と発音します。
perは「<対格>を通って」を意味します。
aspera は、「困難な」を意味する第1・第2変化形容詞 asper,-era,-erum の中性・複数・対格です。ここでは名詞的に用いられ、「困難」を意味します。perとあわせて「困難を通じて」と訳します。
ad は対格を支配する前置詞で、「<対格>の方へ」の意味を持ちます。
astra は「天、星座」を意味する第2変化名詞 astrum,-ī n. の複数・対格です。ad とあわせて「天へ」となります。
全体をまとめると、「困難を通じて天へ」と訳せます。
「困難を克服して栄光を獲得する」という意味、あるいは「困難を乗り越えて星のように輝く」と意味で解釈可能です。
音の響きが美しいです。

<補足>
セネカの「狂えるヘルクレス」(Hercules furens)と呼ばれる悲劇があります。その437行目に Nōn est ad astra mollis ē terrīs via. (地上から天への道のりは容易ではない)という言葉があり、これをもとにして出来た格言のようです。逆に言えば、Per aspera ad astra.そのままの言葉が出てくる文献は見つかりません。
京大学術出版会に作品の翻訳があります(小川正廣訳)。

Latin Proverbs: Wisdom from Ancient to Modern Times
Waldo E. Sweet
0865165440

-ラテン語格言
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5