ラテン語格言

Num, tibi cum fauces urit sitis, aurea quaeris pocula?

「ヌム・ティビ・クム・ファウケース・ウーリト・シティス・アウレア・クァエリス・ポークラ」と読みます。
num は否定の答えを予想する疑問文を導く副詞です。「果たして・・・だろうか」と訳します。
tibi は人称代名詞、二人称・単数の与格です。「あなたに、あなたのために、あなたにとって」といった意味を表します。この文では「あなたにとっての fauces 、すなわち、あなたの fauces」と解釈できます。「関心の与格」と呼ばれます。
cum は「・・・するとき」を意味する接続詞です。
fauces は「のど」を意味する第三変化女性名詞、複数・対格です。
urit は「焦がす、燃やす」を意味する第三変化動詞 uro の直説法・能動相・現在、三人称・単数です。
sitis は「渇き」を意味する第三変化女性名詞、単数・主格です。従属文の主語です。
aurea は「黄金の」を意味する第一・第二変化形容詞、中性・複数・対格です。
quaeris は「求める」を意味する第三変化動詞 quaero の直説法・能動相・現在、二人称・単数です。
pocula は「杯」を意味する第二変化中性名詞、複数・対格です。
「もし君の喉を渇きが焦がすとき、果たして黄金の杯を求めるだろうか」という意味になります。
ホラーティウスの『風刺詩』(1.2.114-115)に見られる表現です。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
4472119013

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5