ラテン語格言

Ignoranti quem portum petat, nullus ventus est.

「イグノーランティー・クエム・ポルトゥム・ペタト・ヌッルス・ウェントゥス・エスト」と読みます。
ignoro は第一変化動詞で「知らない」という意味を持ちます。
ignoranti はその現在分詞、男性・単数・与格です。
quem は疑問形容詞、単数・対格で portum にかかります。
portum は「港」を意味する第四変化名詞 portusの単数・対格です。「いかなる港を petat するか」という間接疑問文を quem が導いています。
petat は「目指す」を意味する peto の接続法現在、三人称単数です。
前半は、「いかなる港を目指すかを知らない人にとって」となります。
nullus は英語の no に相当し、ventus にかかります。
ventus は「風」を意味する第二変化名詞、単数・主格です。
「いかなる港を目指すかを知らない人にとって、いかなる風もない(=いかなる順風も吹かない)。」、「どの港を目指すかわからなければ順風は吹かない」と訳せます。
セネカ『倫理書簡集』に見られる言葉です(Ep.71.3)。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也
4000926357

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5