ラテン語格言

Laudatur ab his, culpatur ab illis.

「ラウダートゥル・アブ・ヒース・クルパートゥル・アブ・イッリース」と読みます。
laudatur は「ほめる、称賛する」を意味する第一変化動詞 laudo の直説法・受動相・現在、三人称・単数です。
ab は「・・・によって」を意味する前置詞で、奪格をとります。
his は「これ」を意味する代名詞 hic の男性・複数・奪格です。ここでは「これらの人々」を意味します。
culpatur は「非難する、とがめる」を意味する第一変化動詞 culpo の直説法・受動相・現在、三人称・単数です。
illis は「あれ」を意味する代名詞 ille の男性・複数・奪格です。ここでは「あれらの人々」を意味します。
直訳すると「かの者(物)はこれらの人々によってほめられ、あれらの人々によって非難される」と訳せます。日本語にする場合、能動態の文とみなし、「同じものをほめる者もいれば、非難する者もいる」と訳した方が意味がとりやすいでしょう。
ホラーティウスの言葉です(Hor.Sat.1.2.11)。

Horace: Satires, Epistles and Ars Poetica (Loeb Classical Library, No. 194) (English and Latin Edition)
Horace H. Rushton Fairclough
0674992148

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5