ラテン語格言

Hora fugit.

「ホーラ・フギト」と読みます。
Hōra は「時間」を意味する第1変化名詞hōra,-ae f.の単数・主格です。
fugit は「逃げる」という意味の第3変化動詞 fugiō,-gere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「時間は逃げ去る」と訳せます。
英語だと「時間は飛ぶ」(Time flies)となりますね。

<補足>
hōra は英語の hour の語源です。fugit は「逃げる」という意味で、時間がどんどんすぎていく様子を表現した、ある意味でありきたりな言葉です。でも、語呂がいいですね、ホーラ・フギト。時間をテーマとしたミヒャエル・エンデの『モモ』に、マイスター・ホラという人物が出てきますが、このラテン語 hōra と関係しています。

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
ミヒャエル・エンデ
4001106876

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5