ラテン語格言

Omnia tamquam mortales timetis, omnia tamquam immortales concupiscitis.

「オムニア・タムクゥァム・モルターレース・ティメーティス・オムニア・タムクゥァム・インモルターレース・コンクピスキティス」と読みます。
Omnia は第3変化形容詞omnis,-e(すべての)の中性・複数・対格です。名詞的に用いられ、「すべてのものを」を意味します。
tamquam は「あたかも~のように」を意味します。
mortālēs は第3変化形容詞mortālis,-e(死すべき)の男性・複数・主格です(省略された主語vōsと性・数・格が一致)。「君たちは(<vōs>)あたかも(tamquam)死すべき状態で(mortālēs)あるかのように」。
timētisはtimeō,-ēre(恐れる)の直接法・能動態・現在、2人称複数です。
omnia は第3変化形容詞omnis,-e(すべての)の中性・複数・対格です。名詞的に用いられ、「すべてのものを」を意味します。
tamquam は「あたかも~のように」を意味します。
immortālēs は第3変化形容詞immortālis,-e(不死の)の男性・複数・主格です(省略された主語vōsと性・数・格が一致)。「君たちは<vōs>あたかも(tamquam)不死の状態で(immortālēs)あるかのように」。
concupiscitis はconcupiscō,-ere(望む)の直接法・能動態・現在、2人称複数です。
「君たちは(<vōs>)あたかも(tamquam)死すべき状態で(mortālēs)あるかのようにすべてのものを(Omnia)恐れ(timētis)、あたかも(tamquam)不死の状態で(immortālēs)あるかのようにすべてのものを(omnia)望む(concupiscitis)」と訳せます。
「君たちはまるで明日死ぬかのようにすべてを恐れ、まるで永遠に生きるかのようにすべてを求める」と意訳可能です。
セネカの『人生の短さについて』に出てくる言葉です(3.4)。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5