ラテン語格言

Falsus in uno, falsus in omnibus.

「ファルスス・イン・ウーノー・ファルスス・イン・オムニブス」と読みます。
falsusは「誤った」を意味する第1・第2変化形容詞 falsus,-a,-umの男性・単数・主格です。名詞的に用いられ、「過ちを犯す者」を意味します。
inは「<奪格>で」を意味する前置詞です。
ūnōは「一人、一つの」を意味する代名詞的形容詞ūnus,-a,-umの中性・単数・奪格です。形容詞の名詞的用法で、「一つ」を意味します。
omnibusは「すべての」を意味する第3変化形容詞 omnis,-eの中性・複数・奪格です。名詞的用法で「すべて」を意味します。
「一つ(の事柄)で過ちを犯す者は、万事において過ちを犯す。」と訳せます。
「一つの事例で不正な者は(=不正を犯す者は)万事において不正である(不正を犯す)」とも訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5