ラテン語格言

Non exiguum temporis habemus, sed multum perdidimus.

2017年10月16日

「ノーン・エクシグウム・テンポリス・ハベームス・セド・ムルトゥム・ペルディディムス」と読みます。
Nonは「~でない」を意味する副詞で、Non A sed Bの構文で「AでなくB」を意味します。
exiguumは第1・第2変化形容詞 exiguus,-a,-um(わずかの)の中性・単数・対格です。名詞として使われています。habemusの目的語です。
temporisは tempus,-poris n.(時間)の単数・属格です。exiguumにかかります。「時間のわずかを」、すなわち「わずかな時間を」。
habemusはhabeo,-ere(持つ)の直説法・能動態・現在、1人称複数です。
sedは「しかし、むしろ」。non A sed Bで「AでなくB」。
multumは第1・第2変化形容詞 multus,-a,-um(多くの)の中性・単数・対格です。名詞として用いられています。perdidimusの目的語です。
perdidimusはperdo,-ere(浪費する、失う)の直説法・能動態・完了、1人称複数です。
「我々は時間の僅かを持つのではなく、(時間の)多くを浪費する」と訳せます。
セネカの『人生の短さについて』にみられる表現です。(Seneca, De Brevitate Vitae, 1)

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5