ラテン語格言

Carpent tua poma nepotes.

「カルペント・トゥア・ポーマ・ネポーテース」と読みます。
carpent は「摘む」を意味する第3変化動詞 carpō,-ere の直説法・能動態・未来、3人称複数です。
tua は2人称単数の所有代名詞 tuus,-a,-um(あなたの)の中性・複数・対格で pōma にかかります。
pōma は「果実」を意味する第2変化名詞 pōmum,-ī n. の複数・対格で carpent の目的語です。
nepōtēs は「孫」を意味する第3変化名詞 nepōs,-ōtis c. の複数・主格で、この文の主語です。
「おまえの果実は孫たちが摘み取るだろう」という意味になります。
ウェルギリウスの『牧歌』に見られる言葉です(9.50)。
キケローの「次の世代に役立つように木を植える」 という表現を想起させます。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス
京都大学学術出版会

-ラテン語格言
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5