ラテン語格言

Boni improbis, improbi bonis amici esse non possunt.

「ボニー・インプロビース・インプロビー・ボニース・アミーキー・エッセ・ノーン・ポッスント」と読みます。
bonīは第1・第2変化形容詞bonus,-a,-um(善い)の男性・複数・主格です。名詞的に用いられ、「善人は」を意味します。
improbīsは第1・第2変化形容詞improbus,-a,-um(悪い)の男性・複数・与格です。名詞的に用いられ、「悪人にとって」を意味します。
improbīは第1・第2変化形容詞improbus,-a,-um(悪い)の男性・複数・主格です。名詞的に用いられ、「悪人は」を意味します。
bonīsは第1・第2変化形容詞bonus,-a,-um(善い)の男性・複数・与格です。名詞的に用いられ、「善人とって」を意味します。
amīcīはamīcus,-ī m.(友人)の複数・主格です。不定法句の補語です。不定法句の意味上の主語(improbī)と主動詞(possunt)の主語(improbī)は同一なので不定法句の意味上の主語は省かれ、補語(amīcī)も対格でなく主格になります。
Brevis esse labōrō.(私は簡潔であろうと努める)という例文を参考にしてください(Hor.A.P.25)。
esseは不規則動詞sum,esse(である)の不定法・現在です。
nōnは「~でない」。possuntを否定します。
possuntは不規則動詞possum,posse(~できる)の直説法・現在、3人称複数です。
訳は「善人は悪人にとって、悪人は善人にとって、友人であることができない。」です。
キケローの『友情について』(De Amicitia)に見られる言葉です。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5