ラテン語格言

Bis peccat qui crimen negat.

「ビス・ペッカト・クゥィー・クリーメン・ネガト」と読みます。
bisは「二度」を意味する副詞です。
peccatは「罪を犯す」を意味する第1変化動詞 peccō,-āre の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
quī は関係代名詞quī,quae,quodの男性・単数・主格です。先行詞は省略されています。「quī以下の者は」と訳します。
crīmenは「罪」を意味する第3変化名詞 crīmen,-minis n. の単数・対格です。negatの目的語です。
negatは「否定する」を意味する第1変化動詞negō,-āre の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「罪を否定する者は二度罪を犯す」と訳せます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5