ラテン語格言

Tacens vocem verbaque vultus habet.

「タケンス・ウォーケム・ウェルバクェ・ウルトゥス・ハベト」と読みます。
tacens は「沈黙する」を意味する第2変化動詞 taceō,-ēre の現在分詞、男性・単数・主格です。「沈黙している」と訳せます。vultus にかかります。
直訳は、「沈黙している(Tacens)顔は(vultus)」。あるいは「顔は(vultus)沈黙している状態で(Tacens)」、すなわち「顔は沈黙しても」と訳せます。
vōcem は「声」を意味する第3変化名詞 vox,vōcis f. の単数・対格です。
verba は「言葉」を意味する第2変化verbum,-ī n.の複数・対格です。
-queは「そして」。vōcemとverbaをつなぎます。
vultusはvultus,-ūs m.(顔)の単数・主格です。文の主語です。
habet は「持つ」を意味する第2変化動詞habeō,-ēreの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「沈黙した顔は声と言葉を持つ」、または「顔は沈黙していても声と言葉を持つ」と訳せます。
「目は口程に物を言う」と同じ趣旨の表現です。
ローマの恋愛詩人オウィディウスの言葉で、『恋の技術』の中に見られる表現です(Ov.A.A.1.574)。
原文では、言葉を用いずに意中の女性に自分の気持ちを伝えるあの手この手が語られています。

恋の技法 (平凡社ライブラリー)
オウィディウス Publius Ovidius Naso
458276097X

-ラテン語格言
-, , , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5