ラテン語格言

Fortuna vitrea est; tum cum splendet frangitur.

「フォルトゥーナ・ウィトレア・エスト・トゥム・クム・スプレンデと・フランギトゥル」と読みます。
fortuna は「運命」を意味する第1変化名詞 fortuna,-ae f.の単数・主格です。
vitrea は「ガラスの」を意味する第1・第2変化形容詞 vitreus,-a,-umの女性・単数・主格です。
tum (そのとき)は、cum 以下の従属文を指します。
splendet は「輝く」を意味する第2変化動詞 splendeo,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。主語は fortuna です。
frangitur は「壊す」を意味する第3変化動詞 frango,-ere の直説法・受動態・現在、3人称単数です。
「運命はガラスでできている。輝くときに砕け散る。」という意味です。
プブリリウス・シュルスの言葉です。

Minor Latin Poets, Volume I: Publilius Syrus. Elegies on Maecenas. Grattius. Calpurnius Siculus. Laus Pisonis. Einsiedeln Eclogues. Aetna (Loeb Classical Library)
Aetna Calpurnius Siculus Publilius Syrus Laus Pisonis Grattius J. Wight Duff
0674993144

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5