ラテン語格言 第2部の例文

Aequat omnes cinis.

「アエクゥァト・オムネース・キニス」と読みます。
aequat は「等しくする」を意味する第1変化動詞 aequō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
omnēs は「すべて」を意味する第3変化形容詞 omnis,-e の男性・複数・対格です。名詞的に用いられ、「すべての人々を」と訳せます。
cinis は「灰」を意味する第3変化名詞 cinis,-neris c.の単数・主格です。
「灰はすべての人々を同じにする」と訳せます。
「灰になれば人に違いなし」という意味です。
セネカの『倫理書簡集』に見られる言葉です(Ep.91,16).
セネカは表題の言葉を述べつつ、平静な心で死を迎える準備をしよう、と呼びかけています。

-ラテン語格言, 第2部の例文
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5