ラテン語格言

Peior odio amoris simulatio.

「ペーイオル・オディオー・アモーリス・シムラーティオー」と読みます。
peior は「悪い」を意味する形容詞 malus の比較級です。
odio は「憎しみ」を意味する第2変化中性名詞 odium の単数奪格です。ここでは「比較の奪格」として使われています。「憎しみよりも」と訳せます。
amoris は「愛」を意味する第三変化名詞amor の単数属格です。simulatio にかかります。
simulatio は「みせかけ」を意味する第三変化名詞、単数主格です。この文の主語になります。
「愛の見せかけは憎しみより悪い」という意味です。
小プリーニウスの言葉です。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5