ラテン語格言

Omnium rerum principia parva sunt.

「オムニウム・レールム・プリンキピア・パルウァ・スント」と読みます。
omnium は「すべて」を意味する形容詞 omnis の複数・属格です。
rerum は「物、事」を意味する第5変化名詞 res の複数・属格でomnium とともに principia にかかります。
principia は「始まり」を意味する第2変化中性名詞 principium の複数・主格です。この文の主語です。
parva は「小さい」を意味する第1・第2変化型形容詞、parvus の中性・複数・主格です。この文の補語になっています。
sunt は「である」を意味する不規則変化動詞 sum の現在・3人称・複数の形です。
「すべての物事の始まりは小さい。」という意味になります。
キケローの『善と悪の究極について』(5.58)に見られる言葉です。

キケロー選集〈10〉哲学III―善と悪の究極について
キケロー Marcus Tullius Cicero
4000922602

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5