ラテン語格言

Oculi pictura tenentur, aures cantibus.

「オクリー・ピクトゥーラー・テネントゥル・アウレース・カンティブス」と読みます。
全体の構文は、「oculi は picutura によって teneo される。aures は cantus によって(teneo される)」となります。
oculi は第2変化男性名詞 oculus (目)の複数・主格です。
pictura は第1変化女性名詞 pictura (絵)の単数・奪格で、「絵によって」となります。この奪格は「手段の奪格」と呼ばれる用法です。
teneo は「とらえる、魅了する」の意味を持つ第2変化動詞です。ここでは、受動相・現在の形になっています。よって、「目は絵によって捕らえられる」と受動の意味で訳すことができます。
aures は第3変化女性名詞 auris, -is (耳)の複数・主格で、後半の文の主語になっています。
cantibus は、「歌」を意味する第4変化男性名詞 cantus, -u_s の複数・奪格です。
「目は絵によって捕らえられ、耳は歌によって捕らえられる(魅了される)」と訳せます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5