ラテン語格言

Nec spe nec metu.

「ネク・スペー・ネク・メトゥー」と読みます。
necは「~でない」を意味する副詞です。
nec A nec Bは「AでもなくBでもない」という意味を表します。
speは「希望」を意味する第5変化名詞 spes,-ei f.の単数・奪格です。
metuは「恐怖」を意味する第4変化名詞 metus,-us m.の単数・奪格です。
「希望も恐怖もなく」と訳せます。
単なる副詞句ですが、「希望も恐怖もなく私は生きる(vivo)」、あるいは「希望も恐怖もなく生きること(vivere)」を表す言葉かと思われます。
セネカの言葉です。

余談

Spem metus sequitur. 恐怖が希望の後を追う(セネカ)という言葉を想起します。
過度の希望を捨てれば過度の不安や恐怖ももたずにすむという考えが示されています。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5