ラテン語格言

Bella, horrida bella.

「ベッラ・ホッリダ・ベッラ」と読みます。
Bellaはbellum,-ī n.(戦争)の複数・対格です。
horridaは第1・第2変化形容詞horridus,-a,-um(ぞっとさせる、恐ろしい)の中性・複数・対格です。次のbellaにかかります(「政・数・格が一致」)。
bellaはBellaと同じく、bellum,-ī n.(戦争)の複数・対格です。
「戦争を、恐ろしい戦争を」と訳せます。
中性名詞は主格と対格が同じ形です。
「戦争、恐ろしい戦争」と訳すことも可能です。その場合、「戦争とは恐ろしいものだ」という趣旨で、この一行が引用されることになります。
ただし、原文を見ると、次のようになります。ウェルギリウスの『アエネーイス』第6巻の表現です(6.86-87)。

... Bella, horrida bella,
et Thybrim multō spūmantem sanguine cernō.
戦争だ、恐るべき戦争だ。
テュブリス川がおびただしい血で泡立つのが見える。

上の日本語訳は意訳であり、文法に即して逐語訳すると次のようになります。

「戦争を(Bella)、恐ろしい(horrida)戦争を(bella)、そして(et)多くの(multō)血によって(sanguine)泡立つ(spūmantem)テュブリス川を(Thybrim)私は見る(cernō)」。

つまり、Bellaはcernōの目的語になっているため、対格ととるのが正しいです。文脈を補足しておきますと、ここで言われる戦争とは、やがて始まるラティウムにおけるトロイア人とラティーニー人の壮絶な戦争を意味しています。その戦争の到来を巫女シビュッラがアポッローのお告げという形で主人公に伝える際の表現です。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5