西洋古典

「すべての土地がすべてを生むだろう」

ウェルギリウスの『牧歌』とは、田園世界の美しさや恋、歌を主題とした詩10篇(各々100行前後の短い詩)を集めた詩集です。詩人が30歳前後の頃の作品であるといわれています。次にご紹介する第4歌は、典型的な牧歌と言うには、やや社会的、政治的色合いの濃い詩です。

内乱が終結し、新たな黄金時代が今こそよみがえる、とするメッセージは、神に祝福された幼子の誕生の予言と共に、どこかしら神秘的、予言的な内容をもっています。キリスト教徒はこれを救世主誕生の予言と解釈しました。一方31行以下の表現に、カトゥルスの第64歌『ペーレウスとテティス』との関連が指摘されています。

細かい話になりますが、私は、39行目 omnis feret omnia tellus.(すべての土地がすべてのものを生むだろう)を次作『『農耕詩』』との関連で着目します。

『農耕詩』の第2巻では、109 nec vero terrae ferre omnes omnia possunt.(だが、すべての土地がすべてのものを生むことはできない)と言われており、あたかも『牧歌』で示した黄金時代のビジョンを次作『農耕詩』では否定するかのようです(否定辞necの有無に着目)。

細かな議論は、拙論、「『農耕詩』における独創性の問題」をご参照下さると幸いです。ここでは、これらの表現が、ルクレーティウスの第1巻166 ferre omnes omnia possent.(すべてがすべてを生むことが可能となるであろう。)を踏まえている点を指摘するにとどめます。

『牧歌』4(試訳)
シキリアのムーサたちよ、少し大きな事を歌おう。
葡萄畑や地味なギョリュウがすべての人の気に入るのではない。
もし森を歌うのなら、その森は執政官にふさわしいものとなるように。
クマエの歌の最後の時代が今訪れようとしている。
新たな世紀の大いなる秩序が生まれる。
今やウィルゴも戻ってくる。サトゥルヌスの王国もよみがえる。
今や新しき子孫が高い天より遣わされる。
汚れなきルキナよ、あなたはただ生まれてくる子を助けたまえ。
その子によって、まず鉄の種族が絶え、そして全世界に黄金の種族が立ち上がる。
あなたの兄アポロンは、今や支配者になっている。(10)
ポリオよ、この誉れある時代は、あなたが執政官の時に始まり、
そして大いなる月がめぐり始める。
あなたが指導者の時、かりに私たちの罪の痕跡がいくらか残るにせよ、
それらはむなしいものになって、大地を永遠の恐怖から解き放つ。
その子は神々の生活を受け入れ、英雄たちが神々と交わるのを見るだろう。
自らもまた神々とともにいるのが見られるだろう。
父の徳によって、平和になった世界を治めるだろう。(17)
だが子よ、耕されない大地は、最初の小さな贈り物として、
一面に生えるツタをシクラメンと一緒に、
また微笑むアカンサスと混ざるハスを溢れんばかりに与えよう。
山羊は乳房を乳で満たし、ひとりでに家に帰り、家畜は大きな獅子を恐れない。
さらにおまえのゆりかごは美しい花をひとりでに溢れさせよう。
蛇は死に、人を欺く毒草は絶え、アッシリアの香木が一面に生えてくる。(25)
だが、おまえが英雄の誉れと父の事績を読み、
徳のなんたるかを理解できるようになれば、
野は柔らかな麦の穂で次第に黄金色に変わり、
耕されない茨の薮には赤い葡萄の房が垂れ、
堅いかしわの木からは露のような蜜が流れ出す。(30)
しかし、以前の罪の痕跡が僅かに残るかも知れない。
それは、テティスを船で脅かし、町を城塞で囲み、
大地に溝を掘ることを命ずるだろう。
その時、別のテピュスや、選り抜きの英雄を運ぶ別のアルゴ船が現れよう。
さらに、偉大なアキッレウスが、再びトロイアへ送られよう。
その後、成熟した年齢がおまえを一人前の男にしたなら、海から商人は姿を消し、
松の木でつくった船が商品を運ぶこともなくなるだろう。
すべての土地がすべてのものを生むからだ。
大地は鋤に、葡萄畑は斧に苦しめられることもなくなろう。
力強い農夫は今や牛からくびきを取り外す。
羊毛はさまざまな色を偽造する術を学ぶこともなく、
牧場では、羊自らが、ある時は快く赤みのさした緋色で、
またある時はサフランの黄色で羊毛の色を変えるだろう。(45)
「このような時代よ、走り出せ」、パルカらは心を合わせ、
運命についての確信を込めて糸紡ぎに言い放つ。
おお、偉大なる誉れ、まもなくその時は来る。(47)
神々の愛しい子孫よ、ユピテルの大いなる末裔よ、
見よ、重い天空を伴って揺れる世界を、大地や、海の広がり、深い大空を。
見よ、いかに万物が来るべき世紀を喜び迎え入れるかを。
ああ、その時この私に、長い人生の最後の一部分が残っていますように。
おまえの事績を歌うのに十分なだけの息が残っていますように。
トラキアのオルペウスもリヌスも、
詩にかけてこの私を打ち負かすことはできないだろう。
たとえ、オルペウスをその母が、リヌスをその父が助けたとしても。
つまり、オルペウスをカリオペアが、リヌスを麗しきアポッロが助けたとしても。
パンでさえ、たとえアルカディア人を審判として私と競ったとしても、
パンでさえ、アルカディア人を審判としても、自分の負けを認めよう。(59)
さあ、幼子よ、笑いで母を認めなさい。
母は、十月もの長い苦しみを耐えてきたのだから。
さあ、幼子よ、両親に微笑まない子を、神は食卓に、
女神はふしどにふさわしい者とはお考えにならないであろう。(63)

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 小川 正広
4876981515

-西洋古典
-, , , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5