ラテン語格言 西洋古典

Lamentis gemituque et femineo ululatu tecta fremunt.

「ラーメンティース・ゲミトゥークゥェ・エト・フェーミネオー・ウルラートゥー・テクタ・フレムント」と読みます。
lamentisは「悲嘆」を意味する第1変化名詞lamentaの複数・奪格です。
gemituは「呻き声」を意味する第4変化名詞gemitusの単数・奪格です。
femineoは「女の」を意味する第1・第2変化形容詞femineus,-a,-umの男性・単数・奪格です。
ululatuは「叫び」を意味する第4変化名詞ululatusの単数・奪格です。
tectaは「館」を意味する第2変化名詞tectumの複数・主格です。
fremuntは「とどろく」を意味する第3変化動詞fremoの直説法・能動態・現在、3人称複数です。
「悲嘆や呻き声、女の叫びで館がとどろく」と訳せます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』に見られる表現です(Aen.4.667)。

アエネーイス
ウェルギリウス Publius Vergilius Maro
4794809557

-ラテン語格言, 西洋古典

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5