西洋古典 訳と解説

ルクレーティウス第2巻冒頭四行解説

2022年5月18日

ルクレーティウス第2巻冒頭四行は有名です。

逐語訳と一字一句の解説を行います。

Suāve, marī magnō turbantibus aequora ventīs
ē terrā magnum alterius spectāre labōrem;

Suāve: 第3変化形容詞suāvis,-e(快い)の中性・単数・主格。文の補語。動詞estを補う。主語はspectāre。
marī: mare,-is n.(海)の単数・奪格。「海で」。
magnō: 第1・第2変化形容詞magnus,-a,-um(大きな)の中性・単数・奪格。marīにかかる。「大きな(magnō)海で(marī)」。
turbantibus: turbō,-āre(波立たせる、揺り動かす)の現在分詞、男性・複数・奪格。ventīsにかかる。aequoraを目的語にとる。
aequora: aequor,-oris n.(海、海原)の複数・対格。
ventīs: ventus,-ī m.(風、嵐)の複数・奪格。turbantibus...ventīsは「絶対的奪格」。「嵐が(ventīs)波立たせるとき(turbantibus)」。
ē: <奪格>から
terrā: terra,-ae f.(陸地)の単数・奪格。
magnum: 第1・第2変化形容詞magnus,-a,-um(大きな)の男性・単数・対格。labōremにかかる。
alterius: 代名詞的形容詞alter,-era,-erum(第二の、他の、他人の)の男性・単数・属格。ここでは「他人の」の意味で使われている。labōremにかかる。
spectāre: spectō,-āre(見る)の不定法・能動態・現在。
labōrem; labor,-ōris m.(苦しみ)の単数・対格。

<逐語訳>
大きな(magnō)海で(marī)海原を(aequora)嵐が(ventīs)波立たせるとき(turbantibus)、陸地(terrā)から(ē)他人の(alterīus)大きな(magnum)苦しみを(labōrem)見ることは(spectāre)快い(Suāve )。

nōn quia vexārī quemquamst iūcunda voluptās,
sed quibus ipse malīs careās quia cernere suāvest.

nōn: 「~でない」。nōn A sed B(AでなくむしろB)の構文におけるnōn。
quia: ~なので
vexārī: vexō,-āre(苦しめる)の不定法・受動態・現在。
quemquamst=quemquam est: quemquamは不定代名詞quisquam,quidquam(誰か、何か)の男性・単数・対格。不定法(vexārī)の意味上の主語(「対格不定法」)。estは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称単数。
iūcunda=jūcunda: 第1・第2変化形容詞jūcundus,-a,-um(楽しい)の女性・単数・主格。voluptāsにかかる。
voluptās: voluptās,-ātis f.(喜び)の単数・主格。「誰かが(quemquam)苦しめられることが(vexārī)楽しい(iūcunda)喜び(voluptās)である(est)から(quia)ではなく(nōn)」。
sed: 「むしろ」。nōn A sed B(AでなくむしろB)の構文におけるsed。
quibus: 疑問形容詞quī,quae,quod(いかなる)の中性・複数・奪格。malīsにかかる。
ipse: 強意代名詞ipse,-a,-um(自ら、自身)の男性・単数・主格。
malīs: malum,-ī n.(不幸)の複数・奪格。
careās: careō,-ēre(<奪格>を免れる、逃れる)の接続法・能動態・現在、2人称単数。主語は「あなた、君」。
quia: ~なので
cernere: cernō,-ere(見る)の不定法・能動態・現在。
suāvest=suāve est: suāveは第3変化形容詞suāvis,-e(快い)の中性・単数・主格。estは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称単数。

<逐語訳>
誰かが(quemquam)苦しめられることが(vexārī)楽しい(iūcunda)喜び(voluptās)である(est)から(quia)ではなく(nōn)、君自身が(ipse)いかなる(quibus)不幸を(malīs)免れているかを(careās)見ることが(cernere)快い(suāvest)から(quia)である。

<参考書>
「ルクレティウス『事物の本性について』愉しや、嵐の海に」(小池澄夫、瀬口昌久、岩波書店)

-西洋古典, 訳と解説
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5