ラテン語格言

Labitur occulte fallitque volubilis aetas.

「ラービトゥル・オックルテー・ファッリトクウェ・ウォルービリス・アエタース」と読みます。
labitur は「流れる」を意味する形式所相動詞(第三変化) labor の直説法・現在・三人称・単数で、主語は aetas です。
occulte は「ひそかに」を意味する副詞です(オカルトの語源)。
fallit は「欺く」を意味する第三変化動詞 fallo の直説法・能動相・現在・三人称・単数です。目的語として nos (我々を)を想定することが出来ます。
volubilis は「転がりやすい、速く流れる」(「回転する」を意味する動詞の volvo と関連)を意味する第三変化形容詞、女性・単数・主格です。aetas にかかります。
aetas は「生涯、時、時代」を意味する女性名詞、単数・主格です。
「移ろいやすい歳月はひそかに流れ、われわれを欺く」と訳せます。
オウィディウスの言葉です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5