ラテン語格言

Imperatorem stantem mori oportet.

「インペラートーレム・スターンテム・モリー・オポルテト」と読みます。
imperatorem は「最高司令官」を意味する第3変化名詞 imperator,-oris m. の単数・対格です。
stantem は「立つ」を意味する第1変化動詞 sto,-are の現在分詞、男性・単数・対格です。imperatorem と性・数・格が一致します。「立ちつつ、立ちながら」という意味になります。
mori は「死ぬ」を意味する形式受動態動詞(deponent)の不定法です。
oportet は非人称表現になります。「~すべきである」を意味し、対格不定法の構文(対格が不定法の意味上の主語となります)を取ります。
「最高司令官は立ったまま(立ちながら)死なねばならない。」という意味になります。
スエートーニウスの『ローマ皇帝伝・ウェスパシアヌス伝』に見られる表現です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5