ラテン語格言 第5部の例文

Imperare sibi maximum imperium est.

「インペラーレ・シビ・マクシムム・インペリウム・エスト」と読みます。
imperare は、「支配する」を意味する第1変化動詞impero,-areの不定法・能動態・現在です。「命令することは」と文の主語になります。
sibi は3人称の再帰代名詞 se の単数・与格で imperare の補語になります。imperare を併せて「自分自身を支配することは」となります。
maximum は「大きい」を意味する第1・第2変化形容詞 magnus,-a,-umの最上級、中性・単数・主格で imperium にかかります。
imperium は「支配」を意味する第2変化名詞 imperium,-i n.の単数・主格で、この文の補語になります。
est は、不規則動詞 sum の直説法・現在、3人称単数で、この文の動詞になります。
「自分自身を支配することは最大の支配である」、「自分に命令することが最大の命令である」という意味になります。
セネカの『倫理書簡集』に見られる言葉です(Ep.113.30)。

セネカ哲学全集〈6〉倫理書簡集II
セネカ Seneca
4000926365

余談

セネカはわざと重々しい言葉を使っています。「支配する」とは「統治する」ということ。統治する人はラテン語でインペラートルと呼ばれ、ローマ帝国でいえば皇帝のことです(後のエンペラーの語源)。

したがって、「最大の支配」という言葉を聞くと、ローマ人ならだれもが皇帝の支配権をイメージしたでしょう。ところが、この文で言われる「最大の支配」とはちっぽけな(?)自分の支配ということです。

「自分を支配することはけっして小さいことではない。全世界を支配すること以上に偉大なことだ」というのがセネカのメッセージではないでしょうか。

-ラテン語格言, 第5部の例文
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5