ラテン語格言

Ignoti nulla cupido.

「イグノーティー・ヌッラ・クピードー」と読みます。
ignotiは「知られていない、未知の」を意味する第1・第2変化形容詞 ignotus,-a,-umの中性・単数・属格です(目的語的属格)。この文では名詞的に用いられています。
nullaは「誰(何)も・・・ない」(英語のnoに相当)を意味する代名詞的形容詞nullus,-a,-umの女性・単数・主格です。
cupidoは「欲望」を意味する第3変化名詞、単数・主格です。
「未知のものにはいかなる欲望も生じない」と訳せます。
オウィディウスの『恋の技法』に見られる表現です(Ov.A.A.3.397)

恋の技法 (平凡社ライブラリー)
オウィディウス Publius Ovidius Naso
458276097X

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5