ラテン語格言

Parva saepe scintilla contempta magnum excitavit incendium.

「パルウァ・サエペ・スキンティッラ・コンテンプタ・マグヌム・エクスキターウィト・インケンディウム」と読みます。
parvaは「小さい」を意味する第1・第2変化形容詞parvus,-a,-umの女性・単数・主格です。
saepeは「しばしば」を意味する副詞です。
scintillaは「火の粉」を意味する第1変化名詞、単数・主格です。
contemptaは「軽視する」を意味する第3変化動詞contemnoの完了分詞、女性・単数・主格です。
magnumは「大きな」を意味する第1・第2変化形容詞magnus,-a,-umの中性・単数・対格です。
excitavitは「引き起こす」を意味する第1変化動詞excitoの直説法・能動態・完了、3人称単数です。
incendiumは「火災」を意味する第2変化名詞incendiumの単数・対格です。
「しばしば小さい火花が軽視され、大きな火災を引き起こす」と訳せます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5