ラテン語格言

Leve aes alienum debitorem facit, grave inimicum.

「レウェ・アエス・アリエーヌム・デービトーレム・ファキト・グラウェ・イニミークム」と読みます。
leve は「軽い、わずかの」を意味する第三変化形容詞 levis, -e の中性・単数・主格です。aes にかかります。
aes は「お金、金銭」を意味する第三変化中性名詞、単数主格です。
alienum は「他の」を意味する第一・第二変化形容詞 alienus, -a, -um の中性・単数・主格で aes にかかります。また、aes とセットにして「借金」を意味します。
debitorem は「債務者」を意味する第三変化名詞 debitor の単数対格です。
grave は「重い、多額の」を意味する第三変化形容詞 gravis, -e の中性・単数・主格です。aes alienum が省略されています。
inimicum は「敵」を意味する第二変化男性名詞 inimicus の単数対格です。
「僅かな借金は債務者を作るだけだが、多額の借金は敵を作る」と訳せます。
セネカ、『倫理書簡集』(19.11)に見られる表現です。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5