ラテン語格言

Amor magister est optimus.

「アモル・マギステル・エスト・オプティムス」と読みます。
Amorは「愛」を意味する第3変化名詞 amor,-ōris m. の単数・主格です。文の主語です。
magisterは「教師」を意味する第2変化名詞 magister,-trī m.の単数・主格です。文の補語です。
estは「である」を意味する不規則動詞 sum,esse の直説法・現在、3人称単数です。
optimus は「良い」を意味する第1・第2変化形容詞 bonus,-a,-um の最上級optimus,-a,-umの男性・単数・主格です。補語である magister (教師)にかかります。
「愛は最良の教師である」と訳せます。
小プリーニウスの言葉です(Ep.4.19.4)。

余談

optimusの位置が最後に置かれ強調されています。現代語の感覚で言うと、Amor est optimus magister.という語順であってほしいところですが、ラテン語はこの例でわかるように語順は自由です。

上の解釈ではamorを主語とみなしましたが、magisterだとどうなるでしょうか。(1)「教師は最良の愛である」とも、(2)「最良の教師は愛である」とも訳せます。ただし(1)は意味が不鮮明です。(2)は上の解説の主語と補語を入れ替えた訳になります。

ラテン語の場合、一般に「AはBである」の構文は「BはAである」と訳すことも可能です。英語などと違い、語順で主語が決まらないからです。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5