ラテン語格言

Stellarum globi terrae magnitudinem facile vincebant.

「ステッラールム・グロビー・テッラエ・マグニトゥーディネム・ファキレ・ウィンケーバント」と読みます。
stellārumはstella,-ae f.(星)の複数・属格です。globīにかかります。
globīはglobus,-ī m.(球体)の複数・主格です。文の主語です。
terraeはterra,-ae f.(地球)の単数・属格です。magnitūdinemにかかります。
magnitūdinemはmagnitūdō,-dinis f.(大きさ)の単数・対格です。vincēbantの目的語です。
facileは「容易に」を意味する副詞で、vincēbantにかかります。
vincēbantはvincō,-ere(打ち負かす)の直説法・能動態・未完了過去、3人称複数です。
「星々の球体は地球の大きさを容易に打ち負かしていた」と訳せます。「打ち負かしていた」を「凌駕していた」としてもよいでしょう。
キケローの「スキーピオーの夢」に出てくる表現です(Cic.Rep.6.16)。

ラテン語を読む キケロ―「スキーピオーの夢」
山下 太郎
4860645103

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5