ラテン語格言

Est modus in rebus.

「エスト・モドゥス・イン・レーブス」と読みます。
est は不規則動詞sum,esse(ある)の直説法・現在、3人称単数です。主語に当たるものが「存在する」と訳せます。
modus は「適量、適度、限度、限界」を意味する第2変化名詞modus,-ī m.の単数・主格です。この文の主語にあたります。
in は「<奪格>に」を意味する前置詞です。
rēbus は「もの、こと」を意味する第5変化名詞rēs,reī f. の複数・奪格です。
「ものごとには適切な程がある」という意味です。
ホラーティウスの表現です(Hor.Sat.1.1.106)。同じ詩人の Aurea mediocritas (黄金の中庸)という言葉を思い出すことができます。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
玉川大学出版部

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5